WEDDING REPORTウエディングレポート

“Christmas Wedding”
HISARI&MOE

“Christmas Wedding”

人数
33名
パーティ会場
ドゥキャップ

Date:2021.12.11 Sat

  • Winter
  • ドゥ・キャップ

セント・マーガレット ウエディングに決めた理由
チャペルのステンドグラスに一目惚れしました。挙式はクラシカルに、披露宴はカジュアルに、雰囲気をガラッと変えられるのが魅力的でした。
おふたりがこだわったポイントや重視した点
アットホームな雰囲気にしたかったので、クリスマスをテーマに、自分たちの手作りアイテムをたくさん取り入れました。特にオーナメントボールで作った席札は、ゲストが持ち帰ってお家のクリスマスツリーに飾ってくれたので嬉しかったです。
挙式エピソード
讃美歌を聴きながら見るステンドグラスはすごく幻想的で綺麗で、このチャペルで挙式できて本当に良かったと思いました。
披露宴エピソード
本来はスタッフの方が作ってくださるクレープシュゼットを、新郎がコックコートを着て作る演出をしました。みんなに応援されながら作ったデザートはすごく美味しかったです。また、サンドセレモニーをしながらテーブルをラウンドしたので、ゲスト全員とゆっくりお話ししたり写真を撮ることができました。
スタッフへのメッセージ
デザートを新郎が作りたいとダメ元でお願いしたところ、今まで例が無いのにも関わらずOKしていただき、練習までさせてもらえました。私たちの理想の式になる様に、柔軟に対応していただきありがとうございました!
未来の新郎新婦へ一言
自分たちをお祝いするためだけに、家族や友達が集まってくれることなんて、人生で結婚式くらいではないかと思います。当日はもちろんのこと、来てくれるゲストの笑顔を想像しながら、準備期間も楽しんでください!
【Withコロナのウエディング】工夫した点やプレ花嫁へのアドバイス
マスクやテーブルのアクリル板など、写真に残ったときに気になるかなと思っていましたが、終わってみれば全く気になりませんでした。万が一のために、お守りのつもりでブライダル保険には入っておきました。
担当コーディネーターより
改めまして、この度はご結婚式誠におめでとうございました。
この一年間、コロナ渦で不安を感じることもあったかと思いますが、1年後は終息していることを信じ、一度も延期をせず無事ご結婚式当日を迎えられましたことを大変嬉しく思います。
また、当日のウェルカムグッズや席札、ムービー、親御様へのプレゼントなど、おふたりがクリスマスにこだわり、この一年間でひとつひとつゲストを想い手作りをされたアイテムばかりで、おふたりらしいアイテムや大切な方々に囲まれて過ごすおふたりの笑顔をみて、私もとても幸せな気持ちになりました。

記念日には是非当館のレストランで当日を思い出しながら、ゆっくりお食事をお楽しみ頂きたいと思います。
また、元気なおふたりにお会いできますことを楽しみにしております。
■コンセプト #Natural
#Christmas
■キーワード #クレープシュゼット
#サンドセレモニー

■シンボリックデコレーション #Red×Green×White
#ドライフラワー
■プロデュース #コーディネーター:Aoki
#フラワーデザイナー:Ito
#ドレスコーディネーター:Kondo
#ヘアメイクスタイリスト:Taura
#カメラマン:Yokoyama
#キャプテン:Kimura

パーティレポート一覧